3枚刃のカミソリ(20代前半)

10代の前半の頃から、脇、手足のムダ毛が気になるようになりました。割と薄めなのですが量が多く学校の体育などで足や腕を出す際に、みんなよりも私は毛が濃いのではないか?と思い始めました。今思えば誰しもが通る道ですよね。ですが、どのようなケアをしたらいいのかも分かりません。母がカミソリなどを使っていたのは何回か見たことがありましたが使い方も分からないし、刃物=使ってはいけない物のイメージしかなくて。聞くのが1番早いと思い、母にこんなところに毛が生えてきてどうすれば良いの?と相談し始めたのがキッカケです。私は生まれつき、とても肌が弱いので除毛クリームなどを使うとすぐに赤くただれてしまい、皮膚に炎症が起きてしまいます。なのでカミソリで優しくケアする方法を教えてもらいました。それ以降、お風呂に入った際に週に2回か3回ほどカミソリでのケアをしています。10代後半頃までは、カミソリケアの後はそのまま洗い流し何もケアをしていませんでした。ですが、20歳を境くらいにカミソリの後肌が乾燥するようになりました。痒くて仕方なかったので、敏感肌用のボディクリームで肌ケアをするようになりました。大体いつも剃る部位が、脇、腕と足なのですが、脇は特に何もせずに腕と足は必ずお手入れしてお風呂上がりすぐにクリームを塗るようにしています。何故かというと、お風呂場の蒸気でしっとりしていた肌がお風呂から上がると急激に水分が蒸発して肌がすぐに乾燥してしまうからです。ですので、お風呂上がりの直後にクリームを塗ってなるべく乾燥し始める状態前にしっかりと保湿してあげるようにしています。顔のムダ毛は、専用のシェーバーを買いました。刃が顔に擦れても切れないシェーバーです。顔のムダ毛の処理部分は眉毛、口周りなどがメインですが、顔全体の産毛を剃ることもあります。これをするかしないかだとかなり大きな差が出ます。何に差が出るのかというと、化粧のノリが断然良くなるのです。初めて顔全体の産毛を剃った後保湿して化粧をした時は、本当に衝撃的でした。でもお肌には負担をかけたくないのでこちらも週一回程度のお手入れにしています。お手入れって大変ですが、ツルツルした肌を維持すると気分も上がるのでこれからもお手入れしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です